MONTHLY MVP

月間MVP

2020年6月度 U-9月間MVP

竹川純生RESC刀根山3年生

サッカーに対して取り組む姿勢、特にコーチの話を聞いて学ぼうとする姿や「こういうことを言われたから意識しよう。」と考えてプレーするところはとてもよかったです。聞いてるだけではなく、理解しようとするからコーチから投げかけられた時に言葉が出てきます。吸収しようとすると自然に行動に出てきますので、継続できるようにしましょう。 サッカーの目的、優先順位を考えプレーしていました。守備では、ゴールを守れるポジション、相手の自由を奪える相手との距離、距離を詰めるまでのスピード。攻撃では、「ここならパスをもらえるだろう。」「ここでパスをもらえたらドリブル出来るな。」と相手とスペースを観て少しずつ判断するようになりました。サッカー技術は上手くいかないこともありますが、狙ったところへパスが通ったり、相手に取られないボールテクニックが身についてくるともっと出来ることが増えてきてサッカーが楽しくなるので頑張りましょう! サッカー選手として成長してきたのもサッカーに対しての取り組む姿勢から生まれたものです。高い意識を持ち続けながらこれからも取り組んでいきましょう! 受賞おめでとう!!

2020年6月度 U-12月間MVP

関谷篤人RESC少路6年生

超個性派集団[2020RESC U-12]のリーダー的存在。今年の6年生は超個性派集団…その中で持前の明るさと人間性で、リーダーシップを発揮しチームを牽引…ピッチ内では身体が小さく、能力で潰されてしまう事がたくさんあり、今もまだまだ苦悩の連続だと思います。しかし、活動に対する真摯な姿勢と、根底にあるポジティブメンタルで急成長を遂げています。ボランチとして、これまではゴールへ向かう事を意識し過ぎ、ボールロストする事が多々ありましたが、賢くプレーを選択できるようになってきました。ボールロストを無くす事、よりゴールへ向かう事…その為のボールの受け方に更なる工夫を!捕まえれそうで、捕まえれない…相手の心理を読み、常に駆け引きのできる選手になろう!そして課題はキックの質…プレッシャーを受けながらでも、色々な球種のパスを通せるように普段の練習から取り組んでいこう。受賞おめでとう!頑張れ!!篤人!!!

2020年6月度 RESC GIRLS U-15月間MVP

西川 恋RESC GIRLS U-15

1年生ながら体格と足元の技術を生かしたポストプレーと、点がとれるシュート技術の高さ・ゴール前の怖さを持ったストライカーの原石がでてきました。小学生から上がってきたばかりとはとても思えない、判断スピードの速さと足元の技術で練習試合ではありますが1stの試合でもアシストを量産し、ゴールも奪い結果も出してきている恋。RESCに大型FWが中々いない中で、新しい原石で出てきてくれたのはチームにとっても嬉しいニュースです。まだまだ身体の使い方や伸長を活かしたヘディングの強さ、両足のシュート力、ゴール前でのシュート打つ前の反転の速さなど恋の課題はありますが、これからの成長が本当に楽しみな選手です。日々の練習、試合、生活から大切にしながら更に上を目指していこう!!受賞おめでとう。

2020年6月度 RESC U-15月間MVP

荒牧陽仁RESC U-15

神出鬼没のストライカー荒牧陽仁選手の受賞です。1年生時から常に明るく前向きで、ムードメーカー的存在のマッキーは、豊富な運動量が武器のFWです。小柄な体格ですが、相手の隙間を切り裂くドリブル。ポストプレー、そして背後への鋭い抜け出しでゴールでチームの勝利に貢献してくれます。また、攻撃面だけではなく守備でも前線から何度もプレッシャーをかけてDFを楽にしてくれます。そんなマッキーは、今月にTOPチームに上がり存在感を放っています。2ndにいながらも常にTOPチームでプレーする志しを持ち高い意識で取り組み続けたからスムーズに自分の特徴を発揮できたんだとおもいます。リーグ戦、高円宮杯で【マッキー劇場】を起こしてくれることを期待しています。受賞おめでとう!!

カテゴリー