RESCのロゴ
RESCのホームへ
RESCとは?
15歳以下
12歳以下
GIRLS
RESCキッズ
RESC月間MVP
コーチ紹介
国際交流活動
エンターテイメント
Column
リンクページ
入会について
保護者の方へ
お問い合わせ
RESC入会についてはこちらをクリック
RESCリレー日記
RESCオリジナルウェアNEWデザイン
チャリティーバッジ
東日本大震災復興支援チャリティー活動 日本全国つながりプロジェクト
RESCバスはスポーツ振興くじの助成を受けています
コラム
吉川 珠美の栄養コラム

同志社女子大学家政学部、奈良女子大学大学院卒業。
大阪サッカー協会 スポーツ医学委員会 管理栄養士。
98年には大阪選抜チームのフランス遠征に帯同し、フランスのスポーツ選手育成システムを調査。「心と体の栄養補給」を大切にした食生活をめざし、実践を重視してフリーで活動。アメリカの最新栄養学に基づいた栄養アドバイス、スポーツ選手への栄養指導を行うほか、講演、執筆、フードコーディネーターとして料理やメニュー開発を行っている。現在は武庫川女子大学、大阪あべの辻調理師専門学校にて講師も勤める。著書に「サッカー食」(ベースボールマガジン社)、「食べて治す『貧血』」(集英社)「ローフード・ダイエット」(主婦と生活社)など。

具沢山のお味噌汁の素晴らしさ
食事は一日も欠かさず誰もが必ず行う生活習慣ですから、ただ美味しいだけ、ただ体に良いだけではいけません。美味しく味わう心の栄養と体の栄養の両方が大切なのはもちろんのこと、経済的で、手間がかからず、ずっと続けて食べられるものであることも大切です。そこで提案したいのが、一日一杯の具沢山のお味噌汁。


味噌汁を一口すすったときの美味しさは、あ〜〜日本人でヨカッタなぁ・・・としみじみ感じるものです。実は普段何気なく感じているお味噌汁の美味しさには、大切な秘密が隠されています。


お味噌汁の基本といえば「だし」。他の外国の食文化では、だしの旨味成分としてオリーブオイルやバター、ベーコンなど油や肉類を使うので自然とカロリーも高くなってしまうのですが、日本のだしはかつお節や昆布、煮干しなどを使うのでノンオイルです。この和風のだしの旨味が、脂肪分やカロリーが控えめでも料理が美味しく感じられるという日本の食文化の味の基礎となっているのです。

だしに使う食材が国によって異なるのは、味覚の違いによります。ヒトの味覚は小学生くらいまでに形成されるので、小さい頃から和食を食べていると和食のだしの旨味がわかる味覚に育ちます。家庭で和食を食べる経験をさせておくと、子供の頃はひじきの煮物やお浸しは好きでなくても、大人になると自然に和食のおかずが食べたくなるのです。反対に洋食ばかり食べて育つと大人になっても動物性脂肪の旨味を好んで食べるようになります。子供が好きだからといって、ハンバーグやから揚げなどの洋食ばかりをおかずにしていると、気づかない間に生活習慣病の基礎を作ることになってしまいます。近頃よくファストフードで食事を済ませる大人を見かけるのは、日本の食文化が廃れていっている証ともいえます。


 しかし、日本人として正しい味覚を形成するために大切なのは、家庭での食事だけではありません。たとえば学校給食に必ずついてくる牛乳について。確かに牛乳はカルシウムの補給にはよいのかもしれませんが、改めて考えるとパンではなくご飯食のときにも牛乳を合わせるというのは不自然だと思いませんか?ご飯と一緒に食卓にあるべきものとしては、やはりお味噌汁かお茶が正しい組み合わせではないでしょうか。
さらにお味噌汁は優れたバランス食であるともいえます。具に豆腐やわかめ、青菜を入れればカルシウムとその働きに必要なマグネシウムを同時にとることができます。きのこ類を加えれば、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが補給できます。イモ類を加えればビタミンCが補給されて免疫力を高めるのに役立ちます。そのほかにもさまざまな旬の食材をたっぷりと使った具沢山の味噌汁を献立に加えるだけで、塩分も控えて栄養素がたっぷりのバランスにすることができるのです。

 だからといって、和食がよい、洋食が悪い、と言っているのではありません。ただ、「やっぱり和食って美味しいなあ。なんだか安心できるなあ。」と感じる機会を日常の食生活の中に少しでも取り入れることが、もっとも自然で健康的な食生活につながると思うのです。そのためには、せめて一日に一回はお味噌汁やお吸い物を食べるように心がけ、日本人の食文化の基礎である「だし」の旨味を身近に味わってみませんか?




一日一杯の具だくさんのお味噌汁で栄養バランスを




バックナンバー

Vol.1 食事について

Vol.2 水分補給について

Vol.3 コンビニ食について

Vol.4 夏バテ対策

Vol.5 大豆のパワーを見直そう

Vol.6 具沢山のお味噌汁の素晴らしさ

Vol.7 試合前の食事について

Vol.8 お弁当について

Vol.9 冬場のコンディショニング

Vol.10 朝食について

Vol.11 おやつ・間食・補食について

Vol.12 幼・小・中における食事のポイント


著書

サッカー食
「サッカー食」(ベースボールマガジン社)
amazonで買う

食べて治す『貧血』
「食べて治す『貧血』」(集英社)
amazonで買う

ローフード・ダイエット
「ローフード・ダイエット」(主婦と生活社)
amazonで買う


c61


 copyright 2003,RESC,ALll Right Reserved RESC Home Page 2003   
RESCのロゴ 特定非営利活動法人RESC